建築日記

<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧




いまどき2

e0235528_11441756.jpg
今度は花を中心にご紹介です。今年はあじさいが素敵です。それから名前がわかりませんが2種類の花。
e0235528_11403064.jpg

e0235528_11421782.jpg

[PR]



by 3tsuda | 2012-06-28 11:44

いまどき

今年は毎年去年と違うと思うのは私だけでしょうか。今年は夏みかんの花やアロニアの花が咲きませんでした。その代わりあじさいの花は沢山つきました。そんな家の庭を部分的にとった一枚。先日造園家がこられてなかなかいい庭になりましたねと褒められました。
e0235528_855575.jpg

意外なことを言われてキョトンとしていましたが、なぜかルンルンでした。
昨日はちょっと雨が降っていなかったので、今年はグリーンカーテンに挑戦しようとパッションフルーツを植えました。機会あることにその成長をお知らせいたします。
[PR]



by 3tsuda | 2012-06-22 09:06

谷口 吉生(よしお)の建築

今回は谷口吉生の建築についてお話してみたいと思います。彼が設計した上野の国立博物館内法隆寺宝物殿を見てきました。ちょっとそれは玄人ごのみの建物です。光を調節して建物中に取り込む方法などそれからプロポーションの良さなど我々をうならせるものが散りばめられており、一見おとなしい建物です。
e0235528_1343225.jpg

e0235528_13434135.jpg

しかしディテールなどを見ていくと舌を巻くようなものがそこかしこにあり、現場を監理した人の苦労が伺えます。彼の建築には直線は多くあるのですがやはりCADを無視したというか無視せざるおえないところがあちこちに有りました。これは普段CADに慣れたものが言うのですから間違いがありません。例えばレストラン横の外部で休憩するところの雨水排水目皿は最初からCADで表現されないところです。このような収まり上の建築的な収まりは最初からは出てこなくて現場に入ってから気がつくことが多いのです。このような収まりの解決策をみて我々は評価をしがちです。このようなものが多くあればあるほど評価は高くなります。しかし次の中村拓志さんが最近立てたTOKYU PLAZAはこのへんの収まりが実に甘くなっており若さが出てきてしまっていると思います。この建物を見た家づくりの会の方がいかにもゼネコンのディテールでまとまっていて普通の建築だと言っていましたが、この問題を抜きにしてもなかなか面白かったです。なかなかこのようなアイディアを出すことができないということが言えると思います。
e0235528_13594989.jpg
e0235528_140619.jpg

私が彼の建築を見るきっかけになったのは、緑ミュージアムを見てからです。かれの緑や木々に対する主入れが面白かったからです。このようなモノは彼独自のものでほかの建築家には見られないものです。
[PR]



by 3tsuda | 2012-06-18 14:07

建築に関する考え
by 3tsuda
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

ブログ更新
at 2015-04-01 13:31
前回の画像から約1ヶ月が過ぎ..
at 2013-08-11 10:23
グリーンカーテン
at 2013-07-15 09:19
グリーンカーテン
at 2013-06-30 17:18
川越に行ってくる
at 2013-05-12 22:20

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧