建築日記

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧




私が標榜する家

今日は久しぶりに私が標榜する家を考え直したいと思います。私のプロフィールでも紹介しているのですが、融通無碍の家とはなんぞやともう一度問い直したいと思います。

私は考えるところがあり、ある意味で生まれ変わったと思っています。
その自分から考えると、昨今テレビやマスコミでは個性の文字が踊っているように思われます。美術家や音楽家などと言われる芸術家は往々にして個性が求められていると思います。そこで皆さん個性豊かになろうと考えている人もいますし、いや個性的な人がこのような職を選択していると思います。そこで問題は他の人を批評するということです。我、自分は自分はということが声高に言われていて我の主張ばかりが目立ちます。果たして我の主張なのか否かなのです。

この問題を考えるに先立ち、もうひとつ考えていきたいことがあります。皆さん人間の細胞の数は60兆個と言われています。そして一つ一つの細胞には30億個の塩基配列のDNAがあり、そして全部同じだそうです。しかし、我々の体は部位により心臓を作ったり、脳細胞を作ったりしていますので一見同じ細胞とはおもいませんが、DNAが全て同じだそうです。なにが違うのか?それはそれそれの塩基にスイッチON/OFFがあり、このスイッチにより違う細胞になっているそうです。そして今の人間はミトコンドリアDNAを調べていくとひと組みの男女からつまりアダムとイブから今の人類が来ていることが分かってきました。聖書で言われているそのままですね。つまり今の地球上にいる人類はクロマニオン人でありネアンタール人ではないとのことです。私の外国で生活したことがあるので現地の方のものの見方や考え方に違いがあると同時にかなり共通点を見出してきました。これも同じルーツであるからではないでしょうか。特に美術を見るとわかるのですが、やはりルーツが同じであるから外国の方が作った作品をみて理解共感できるのではないでしょうか?ネアンでタール人のルーツを持つ方がいてその方たちの使うったものが果たして理解できるか、今疑問に思います。

そしていつも見ているほかの方は実は兄弟なのです。このように見てきますと個性個性と声高に言うことが無意味になってきませんか?こんな認識から私は仏教で言うところの無碍の大道という我を捨てた方法で矛盾をきたさないで設計を展開したいと考えるに至りました。
[PR]



by 3tsuda | 2011-11-20 16:17

24坪の家

昨日から西新宿の木童にて24坪の家の9人の建築家による作品展示会を25日まで行なっています。
内容につき少し話したいと思います。
私は東北大震災の復興住宅として考えて、2案を提案してみました。安価で豊かな木の家を考えました。大きさは一律24坪です。皆さんそれは狭いとお思いの方も多いとは思いますが、一度プランを見てください。
e0235528_1444932.jpg

LDKで17.5畳で寝室で13.5畳はは取れていますので狭くはないと思います。問題はコンパクトな使い方の工夫が必要になってくると思います。つまり部屋を多角的にあるいは多目的に使うということでしょうか、そんな使い方が必要になり初めて成り立つのではないのでしょうか。そんな意味で土間のある暮らしと農家の田の自プランを合体したプランが漁師の家2です。この裏にはやはり核家族の推進に依る地域コミュニティーが脆弱化を少しでも回復したいことと家族の絆をもう少し強くしたいとも思いもあり考えた次第です。
e0235528_14433592.jpg

e0235528_14522737.jpg

一方、漁師の家1は、核家族が進んだ漁師の世帯は私たちがよく設計しているいろいろな機能をもった部屋に分割された空間がそこにあります。この案の場合はLDKは24畳も取れ広々としています。しかも想定される敷地の条件は津波が来ない高台であるので、海を見通すことができると考えまして、どの部屋からも海が望め、海の様子を確認できるように考えています。そしてスキップフロアを使いさらに海を確認することを強調していると同時に小さな子供を持つ家族にふさわしい作りになっていて、実に豊かな木の空間があります。

どちらの案も津波に被災された方に少しでもお役に立てればと思い、作り上げましたが、東京近郊でも可能です。実際見積をお願いしたところは神奈川県の工務店であり、図面の通りでいきますと税込1500万円だいで出来ますが、設計費用は別途かかります。しかしながら特に敷地に大きな障害物がなければ、あるいは地盤改良等の地盤の変更等がなければ税込105万円で考えています。提案の10案全て価格と設計料は同じですのでご心配なく。但し工事監理も含まれていますので、敷地が遠方の場合は交通費は別途とします。その辺は別途協議が必要です。
[PR]



by 3tsuda | 2011-11-08 15:03

24坪の家

以前のブログの中で24坪の家の設計を行なっていると書きましたが、いよいよそれを西新宿のオペラシティー内木童のショールームを使わせていただき開催されることになりました。関係各位の皆様本当にお世話になります。そしてこれからもよろしくお願い致します。
24坪の家が1500万円でできるしかも木の研究会の成果ですので、木に囲まれた実に豊かな空間です。24坪といえば決して広くはありませんが、「使い方によってはこんなに豊かになるということしかも1500万円という手頃な価格でできれば」という建築家からの提案です。
e0235528_1039126.jpg

眺望を楽しむ家
e0235528_10392250.jpg

自然との距離が近い家


私は2案を提案しました。どちらも東北の津波で被災された主に漁師さんの方を対象に設計してみました。それを眺望を楽しむ家と自然との距離が近い家で提案しました。画像にある順番です。
眺望を楽しむ家はいま、実施設計中であり終われば見積を出す予定です。但し構造に関しては、お客様が決まった段階で、正式に図面を書き、終わって確認申請に出す予定でいます。まずそのような方を探していきたいと考えています。近郊のお住まいの方でご興味がある方がいらっしゃいましたら、是非木童のほうに御立ち寄りください。11月7日から25日まで開催しています。
私はこのPJをとおして、少しでもみなさまに幸福をお届けできれば幸いです。
[PR]



by 3tsuda | 2011-11-06 10:55

建築に関する考え
by 3tsuda
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

ブログ更新
at 2015-04-01 13:31
前回の画像から約1ヶ月が過ぎ..
at 2013-08-11 10:23
グリーンカーテン
at 2013-07-15 09:19
グリーンカーテン
at 2013-06-30 17:18
川越に行ってくる
at 2013-05-12 22:20

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧